すぐ分かる遺品整理のポイント

遺品整理にまつわるお話し

遺品整理は、配慮すべきポイントをおさえて行うことが大切です。

すぐ分かる遺品整理のポイント

遺品整理とは故人が残した品々を片づけることをさします。

思い出を取っておくものには「形見分け」、処分するものには「遺品整理」という使い分けをすることもあります。

形見分けをする場合は、一般的には忌明けが過ぎたら始めます。

四十九日の法要が終わると、その日をもって忌明けとなります。

遺品整理を始める際には気をつけなくてはならないことがたくさんあります。

まず故人が愛用していた品々を形見分けする際はごくごく親しい人だけにとどめておいた方がよいということです。

また、送る品物もいくら故人を偲ぶ大切な思い出でも、壊れているものや、修理が必要なものは避け、実際に使用できるものを送った方がのぞましいとされています。

様々なケースがありますが、送る相手についても、故人より目上の人には、送らないのが正しいマナーのようです。

本人からの希望があれば、それに応えることはよいとされています。

また、遺品整理をしていて、故人が借りていたものが出てきた場合はすぐに持ち主に返却する必要があります。

しかし、事務的な作業のようにあわてて行うのではなく、ゆっくりと時間をかけて遺品整理を行い、故人との別れを受け入れていく時間にすることが望ましいようです。

参考資料として【遺品整理の考えと様々な実例】http://www.rgdmultimedia.com/

遺品整理にまつわるお話し Copyright (C) www.cagefighters.net. All Rights Reserved.