遺品整理をしていたら

遺品整理にまつわるお話し

遺品整理で人にお金を見つけられる前に、自分でつかったほうがいいです。 

遺品整理をしていたら

テレビで芸能人が、友人のおばあさんがなくなったときの話をしていました。

その友人はおばあさんとは一緒に住んでいたわけではないので、それほど親交があったというわけではなく、そんなに話したことはなかったそうです。

一緒に住んでいた叔母さんや従兄弟などに聞いたところ、おばあさんはお金には貪欲で、あまりお金を使わなかったそうです。

お小遣いなどもくれなくて、相当貯めこんでいたのではないかという話をしていたそうです。

ですからお葬式も終わってないにもかかわらず、我先にとおばあさんの遺品整理を開始したのです。

きれいにお部屋や押入れなどの遺品整理をしていたら、金庫が見つかったそうです。

これは相当のお金がはいっているなあと思ったのですが、どこを探しても鍵だけは見つからなかったのです。

とりあえず、鍵を探すのはあとにして、お葬式に集中しようと話し合い、おばあさんの遺体を焼く段になりました。

燃やしたあとの遺骨に、なんと鍵が混ざっていたそうです。

おばあさんは死ぬ間際でも、自分の金庫を守ろうと最期まで、お金に執着していたのです。

そんなに貯めこんでいるなら、生きているうちにパアーッとつかったらよかったのに、もったいないです。

遺品整理にまつわるお話し Copyright (C) www.cagefighters.net. All Rights Reserved.