遺品整理は遺族が行うのが普通

遺品整理にまつわるお話し

遺品整理というのは本来ならば遺族が行うべき事なのです。

遺品整理は遺族が行うのが普通

遺品整理本来ならば遺族となる人々が行なう事が普通の流れであるわけですが、少子化や独居老人などの問題もあり、孤独死や独居死という問題からも遺品整理を第三者に依頼をするというケースが多いと言われています。

孤独死と独居死というのは一見すると似ているように思われますが、これらには大きな違いがあります。

孤独死というのは、周りとの付き合いが殆どなく、1人で孤独な生活をしている人が、誰にも知られない状態で亡くなる事を言うのです。

一方独居死というのは、周囲との人との交流はありながらも、亡くなった時、たまたま1人で有った場合の事を言うのです。

そのため、回りとの交流が定期的にあるのか無いのかで、孤独か独居という言い方の違いになると言います。

しかしながら、独居死であっても近い場所に遺族が住んでいるのであれば、遺族が故人の遺品整理を行う事も可能です。

しかし、孤独死の場合は、遺族が必ずしも近所に住んでいるとはいえません。

寧ろ遠方に住んでいるか、または身内となる人が見つからない場合もあると言います。

身内が見つけられればまだ良い方で、身内となる人が見つからない場合の遺品整理は借家の持ち主で、もある大家さんなどが依頼をする事になるのではないでしょうか。

遺品整理にまつわるお話し Copyright (C) www.cagefighters.net. All Rights Reserved.